自律神経の整体

自律神経の不調かな?と思われた方へ

自律神経失調症チェック

まずはご自身が気になっている症状がどれだけ当てはまるかチェックしてみましょう。

□ めまいや、立ちくらみがよく起こる
□ 胸を圧迫される感じが時々ある
□ 胸がドキドキしたりすることよくある
□ 呼吸が苦しくなることがある
□ 暑い時でも手足が冷たい
□ 胃の調子が悪くなりやすい
□ 慢性的に便秘や下痢をよくする
□ 肩や首のコリや、腰痛が慢性化している
□ よく手足がほてったり、だるくなる
□ 顔もしくは手足だけに汗をかく
□ 朝起きた時から疲れている
□ 季節の変わり目に体調不良になる
□ 照明やパソコンの光が、妙に眩しい
□ いくら寝ても寝足りないことが多い
□ 風邪を引いていないのに咳がよくでる
□ 飲み込みが困難、または喉に違和感がある
□ 嫌な夢や、怖い夢をよく見る

チェックが多かった人ほど自律神経の機能が乱れている可能性があります。
あなたの自律神経の不調レベルを確認してみてください。

0~1個 正常あなたの自律神経は正常のようです。
2~3個 注意自律神経に少し負担がかかっている可能性があります。
4~6個 要注意自律神経失調症にかかっている可能性が高いかもしれません。
7個以上 要相談できるだけ早く専門家に相談されることをおすすめいたします。

以上の自律神経失調症の症状は一部です。あくまでも目安としてお考えください。

自律神経失調症は病院に行って診察してもらっても、お薬をいただくだけで、その時はよくなるのですが、時間が経つと再び症状が出てきます。その都度、自分の体になにが起こっているのか分からず不安な気持ちになったり、このまま一生治らないのではないか?と考えたりしてしまいます。

自律神経失調症の原因

自律神経には活発な活動の時に働く「交感神経」、リラックしている時に働く「副交感神経」の2つがあります。
自律神経失調症はなんらかの原因によりこの交感神経と副交感神経のバランスが乱れている状態です。

発症の大きな要因として過度なストレス、不健全な生活習慣、生活環境の変化、職場の人間関係、社会的環境の変化などが挙げられます。

自律神経失調症になると症状は多彩で、頭から足先まで自律神経の分布している所では症状が出る可能性があります。
個人によって症状の数や程度は違いがありますが、症状が長期間続き、病院で検査をしても異常がない場合が多いです。

 
無料メール相談 こんな症状にも対応してもらえるかな?

自律神経失調症の施術

当院は自律神経失調症に対して2つの要素を中心にして施術しております。
1つは根本原因に対する東洋医学的な施術、もう1つは脳脊髄液の循環改善を行う施術です。

根本原因に対する東洋医学的な施術

東洋医学に基づく施術の一例をご紹介いたします。
まずは自律神経の調整を行う「照海」(しょうかい)というツボを刺激していきます。足の内くるぶしから親指1本直下にあります。東洋医学的には「骨」や「髄」の症状に効果があると言われております。「髄」とは現代医学的には中枢神経(脳や脊髄)を示し自律神経の中心がある所です。
この「照海」にツボ刺激シールを貼り刺激を少し入れていきますと、身体の重だるさがその場で楽になってきたり、身体から緊張が取れたりしていきます。

脳脊髄液の循環改善を行う施術

脳と脊髄を合わせて「中枢神経」といい、中枢神経のまわりは脳脊髄液で満たされています。この脳脊髄液は、栄養物質や老廃物の移動をしたり、頭を打撲してもその衝撃が脳に直接伝わることを防いだりする役割があります。
不良姿勢などで後頭骨と首の位置がずれてしまうと、脳脊髄液の流れが悪くなり、栄養物質や老廃物の移動が滞ってしまいます。その結果、神経が過度に興奮した状態になり、自律神経のバランスが崩れてしまいます。
このような、脳脊髄液循環に不調のある患者様に対しての施術の一例をご紹介いたします。
患者様座位にて術者は患者様の後ろに座り、患者様のうなじの所に術者の両親指を当てます。患者様に後方にもたれかけると同時に術者は体で受け止め、患者様の頭を後方に引きながら天井方向に軽く持ち上げます。
この整体により後頭骨と首の位置が揃うと脳脊髄液の流れがスムーズになり、正常な状態になると神経の興奮がやわらぎます。その結果として、体の力を抜いてリラックスできた状態となり、頭やこめかみの痛み、頭がボーッとした感じがその場で楽になっていきます。

※上記の施術法は一例です。整体方法や使用するツボは、患者様の症状の原因によって変わってきます。
※以上の施術効果には個人差があります。


施術後の変化

当院の施術では主に下記の効果が期待できます。

脳が正しく重心バランスの認識を行うことで、自律神経の過緊張を緩和する効果
脳脊髄液の循環を良くすることで、筋肉や神経の緊張を緩和する効果
自律神経の緊張緩和による内臓の働きを改善させる効果

自律神経が緊張してバランスが悪いと眼球の動きに影響が出ることがあります。寄り目検査で眼球の動きを確認します。施術後、緊張が緩和することで、眼球の動きがスムーズになります。

※症状の改善には個人差があります。
※「総合整体」では毎回検査を行い症状の状態確認を行います。


セルフケアの指導

自律神経失調症は慢性化している場合が多く、改善には毎日のセルフケアが重要です。院内では自分で行うことのできない施術を行い、自宅ではセルフケアを行うことで、症状の早期改善を図っていきます。
セルフケアの方法は院内施術メニューの「総合整体」にてお伝えしております。


患者様の声

廿日市市在住 M・S さま
頭痛でご来院
毎月ほぼ定期的に頭痛があり、痛みが出るたびに悩んでいました。
先生の所にお伺いして、東洋医学的な検査をしていただいたら肝臓の不調とのことでした。肝臓が少し疲れているようで、臓器がその疲れを頭痛という症状で教えてくれているという説明をしていただきました。
治療前と後では違いが分かるので、治療が効いているのだなと実感できます。自宅にて自分で行うことのできるセルフケアも教えていただき予防にも役に立っております。

広島市佐伯区在住 O・N さま [年齢]20代 [性別]女性
身体全体のだるさ・めまいでご来院
通い始めて、5か月になります。通院以前は、身体全体のだるさがひどく、仕事から自宅に帰ると、直ぐに横になってしまうという日が続いていました。気になって病院に行くと自律神経失調症との診断が出て、お薬を処方されました。薬を飲むとずいぶん楽になるのですが、このままでは薬がないと生活ができない体になってしまうのではないかと思い、不安に駆られていました。
「薬に頼らない方法がないか」と考えたのがきっかけで、こちらの治療院をホームページで見つけ、治療していただきました。最初は週に1回の通院しておりましたが、2回目から効果を実感できるようになり、体のだるさと肩の重さがなくなりました。それ以降、断薬にも成功し、3カ月目ぐらいにはめまいもなくなりました。
症状についてはわかりやすく説明していただくので、相談しやすいです。今後もこの体調を維持するために、通い続けたいと思います。

広島市西区在住 S・N さま [年齢]40代 [性別]女性
頭痛・腹痛・動悸で往療依頼
30才を過ぎたくらいから頭痛、腹痛に悩まされていました。特に頭痛の時は寝込んでしまうほど症状がひどいこともあり、鎮痛剤を飲んだりしてしのいでいました。何とかしなければと思い、知り合いが通っているこちらの治療院を紹介していただきました。
それから5年の間ずっとお世話になっております。月に2回施術をしていただいておりますが。以前のような寝込んでしまうような頭痛は起こらなくなり、症状は随分安定しています。
頭痛や腹痛以外にも股関節痛や首痛、動悸など様々な症状がありますが、先生に施術をしていただけることで不安を感じることも随分と減り、気持ちも安定している気がします。ありがとうございます。

※患者様の声は個人の感想であり、効果を保証するものではありません。
無料メール相談 この曜日のこの時間に予約できるかな?