「産後骨盤矯正」の施術例

産後にこのような症状でお悩みでないですか?

腰痛が続いていて治る気配がない
脚の付け根が痛くなり、真っすぐに歩けないことがある
妊娠前のような体型に戻らず、下半身が太ってきた

骨盤にある重要な関節を「仙腸関節」といい、この関節を正常な位置に導くことは、産後に発生するさまざまな症状を防ぐだけでなく、体型の維持など女性の気にしていることに対しても効果を期待できます。骨盤矯正は産後半年以内に行うのが良いと言われておりますが、半年過ぎていても骨盤の歪み取りを諦めることはありません。

骨盤の歪みの原因

女性は妊娠すると、卵巣や子宮、胎盤等からリラキシンというホルモンが分泌されます。このホルモンは女性ホルモンの一種で、分娩時に仙腸関節や骨盤の靭帯を緩める作用があり、赤ちゃんが産道を通りやすくなります。
妊娠中にホルモンの効果で広がっていた骨盤は、出産から3~4カ月かけて元の形に戻っていきます。しかし、産後すぐに職場復帰をしたり、脚を組んで授乳をしたりして仙腸関節に負担をかけると、歪みを引き起こす原因になってしまいます。
仙腸関節が歪んだままになっていると、骨盤周りの筋肉が緊張することで血管やリンパ管にストレスを与え、その循環が滞ります。また骨盤周辺の神経にもストレスを与え、坐骨神経痛や腰痛などの症状を起こすこともあります。

産後骨盤矯正の施術例

股関節矯正


骨盤矯正の前に、股関節の矯正を行います。妊娠中に体幹のバランスを取るために股関節が後方へ変位していますので、関節の位置を元に戻していきます。股関節の調整行うことで骨盤矯正後の効果を持続させることができます。
患者様は側臥位になり、術者は手のひらで大腿骨頭を床方向に押します。この方法で後方に変位した股関節が前方に戻っていきます。
次に、術者は手のひらで大腿骨頭を足先に向かって、持続的な圧力を入れていきます。この操作で外に出た大腿骨頭が内側に戻り、骨盤がスリムになっていきます。

骨盤矯正


患者様はベッドに座り、術者は後から仙腸関節の内側に親指を当て、背中を頭で支えます。次に、患者様に後ろにもたれていただき、術者の親指を前外方に圧を加えます。
この操作で仙腸関節が正しい位置に戻ることで、骨盤周りの筋肉の緊張が緩和していきます。

※上記の施術法は一例です。整体方法や使用するツボは患者様の症状の原因により変わってきます。



施術後の変化

当院の施術では主に下記の効果が期待できます。

仙腸関節の歪み改善により、関節機能異常による痛みの軽減
体幹のバランス改善により、
体幹の過緊張した筋肉を緩和する効果
骨格が正しい位置に戻ることでウエストのサイズダウン

施術前に骨盤の外側を上下になぞり、左右の出っ張りの差を確認、施術後に左右差がなくなったかどうかを確認していきます。また、患者様ご希望によりメジャーを使った変化確認をしております。

「腰痛や肩こりが改善されてきた」
「脚の付け根が痛くなく、真っすぐに歩けるようになった」
「産後、履けなくなったズボンが履けるようになった」
などの症状の改善を感じていただけるでしょう。

※症状の改善には個人差があります。
※「総合整体」では毎回検査を行い症状の状態確認を行います。


セルフケアの指導

産後骨盤矯正をされた後、効果を持続していくために、ご自身で簡単な骨盤体操を行っていただくことをお勧めしております。
日々少しの体操を行うだけで再び歪みにくい骨盤になっていきます。骨盤体操は院内施術メニューの「総合整体」でお伝えしております。