「慢性腰痛」の施術例

このような症状でお悩みでないですか?

仕事をしていると腰がジワーッと痛くなり辛い
腰痛がひどくなるとお尻や太ももにも痛みが起こる
腰を曲げると痛みが出て辛い
朝から腰が痛いので、起きるのが大変
同じ姿勢を続けているとだんだん腰が痛くなってくる

以上のようなことでお困りでないでしょうか?
腰痛は一生のうちに84%の人が経験をすると言われており、1年あたり国民の4.5%が腰痛で病院に通院していて、多くの方が治療を必要としています。早めに腰痛に対するケアをされることをおすすめします。

慢性腰痛の原因

腰痛の原因は多岐にわたり、椎間板ヘルニア、腰椎の骨折や脱臼,骨粗鬆症など病院での検査で分かる腰痛と、最近では器質的な変化を伴わない、社会的要因などが原因となる慢性腰痛があります。
慢性腰痛の主な原因は日常生活においての姿勢の悪さです。長時間の運転やデスクワーク等により背中が丸まった姿勢を続けることが腰痛の原因になることがあります。
背中が丸まった姿勢だと体幹屈筋群と体幹伸筋群のバランスが崩れます。すると腰周辺の筋肉への負担が増大し、腰痛をひきおこします。

慢性腰痛の施術例

治療のポイントとしてよく使うツボで「帯脈」(たいみゃく)というツボがあります。身体の真横で、へその高さと同じ水平線上にあります。このツボを適切な方向、強さで刺激することで、腰部の血流を改善させます。
次は負担のかかっている腰椎を改善させるための整体を行います。患者様座位の状態、術者は頭を背中につけ、腰を両手でつかむような状態で親指を当てます。患者様は前かがみの状態からゆっくりとおへそを前に出すように身体を反らしてもらい、同時に術者は親指を関節を修正したい方向に押します。この施術は腰痛のこりがほぐれるような気持ち良さがあります。さらに腰椎下部の一番負担のかかる所の筋肉が固くなっていますので、丁寧にほぐしていくことで慢性腰痛はさらに改善していきます。
この整体法は少しやり方を変えればぎっくり腰の患者様にも有効で、座ったままで施術できるので患者様への負担が少なくて済みます。

※上記の施術法は一例です。整体方法や使用するツボは患者様の症状の原因により変わってきます。



施術後の変化

当院の施術では主に下記の効果が期待できます。

腰部の固く緊張した筋肉に柔軟性をつける効果
体幹のバランスを整え、腰部の負担を軽減させる効果
内臓などの不調が原因で起こる筋肉の緊張を緩和する効果

腰の筋肉が柔らかくなることで前かがみが深くできるようになります。施術前は床に手がつかなかった方でも、術後は床に手がつくようになったりすることがあり、驚かれる患者様もいらっしゃいます。

「仕事をしていても腰が痛くなくなった」
「お尻や太ももに痛みを感じない」
「腰を曲げた時の痛みが軽減している」
「朝からの腰痛がなく楽に起きれる」
「同じ姿勢を続けていても腰が痛くならない」
などの症状の改善を感じていただけるでしょう。

※症状の改善には個人差があります。
※「総合整体」では毎回検査を行い症状の状態確認を行います。


セルフケアの指導

腰痛に対しては体幹のバランスを整え、その状態を維持していかねばなりませんので、ご自身で出来るツボ押しの方法をお伝えしております。セルフケアの方法は院内施術メニューの「総合整体」にてお伝えしております。