「アトピー」の施術例

このような症状でお悩みでないですか?

強い痒みに襲われることがある
アトピーの塗り薬が効かなくなってきた
浸出液が固まると下着にひっついて痛い
いろいろ試したけれど、どれも効かなかった
アレルギー体質を軽減したい

以上のようなことでお困りでないでしょうか?
アトピー性皮膚炎は、かゆみがある湿疹が全身の色々な所にできるのが特徴で、アレルギー疾患という病気です。
自分の身体を自分の免疫細胞が攻撃をしてしまうことで炎症を引き起こし、現代医学では完治させる治療法は確立されていないと言われております。よくなったかと思えば再び症状が悪化、ということを繰りかえすことも特徴のひとつで、多くの方を悩ませております。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎の原因はいまだはっきりとした事が分かっておらず、発症の要因としてダニ、ハウスダスト、食物(油やたんぱく質)、細菌等が挙げられております。当院では根本的な原因として精神的ストレス、内臓(特に肝臓)の機能低下とリンパの循環不全であると考えております。
アトピー性皮膚炎でお困りの方は体幹のバランスが崩れ腰が曲がった状態の前かがみ姿勢であることが多く、内臓を圧迫しています。この状態が内臓(特に肝臓)にストレスをかけ、さらにはリンパ液の循環不全となり内臓に老廃物がたまりやすくなり処理が出来ていない環境になっていると考えます。
肝臓には毒物に対する解毒作用がありますが、その働きが悪くなり処理が出来にくくなっており、皮膚から排毒をしているような状態がアトピー皮膚炎という結果を表していると思っております。

アトピー性皮膚炎の施術例

リンパの流れが滞っている方が多く、先ずは、この流れを正常にするツボを使用します。「手三里」(てさんり)というツボで、肘を曲げたときにできる横じわの外側の端から手の方向に指三本分のところにあります。このツボを適切な方向、強さで刺激することで、身体のリンパの流れがスムーズになり、かつ免疫力のバランスも改善していきます。
次は体幹のバランスを正常にする整体を行います。
体幹が前かがみの状態を正常に戻すことで、肝臓にかかっている圧迫を開放していきます。
患者様左横向けの状態で、術者は患者様の臀部側に立ちます。右側の中臀筋、大腿直筋、股関節まわりの緊張の一番強いところを確認し、そこへ優しく押圧をかけていきます。緊張が強いと優しく押さえても結構な痛みがある時がありますが、しっかりとほぐしていくとその痛みもだんだん和らいでいきます。
これらの筋肉をほぐすことで体の前かがみ状態が改善し体幹が真っ直ぐになります。肝臓にかかっていた圧迫もなくなり、本来の正常な働きを行うことができるようになります。

※上記の施術法は一例です。整体方法や使用するツボは患者様の症状の原因により変わってきます。



施術後の変化

当院の施術では主に下記の効果が期待できます。

自律神経のバランスが整うことで身体の緊張を緩和させる効果
肝臓の機能改善をさせることで解毒作用の向上効果
リンパの流れを正常にすることで自然治癒力の向上効果

整体を行うことで、前かがみになっていた姿勢が改善されると肩の挙がりが改善したり、首周辺の筋肉の緊張が解けて楽になっているのを確認できます。体幹のバランスが正常になると、圧迫され抑制されていた内臓の働きが活発になり、また、リンパの流れも活発になることで免疫力が向上し、自然治癒力の向上につながります。

「強い痒みが徐々に軽減してきた」
「塗り薬を使う回数が減ってきた」
「皮膚の炎症が落ち着いて綺麗になった」
「異常な寒気を感じなくなった」
「アレルギー体質の軽減を感じられる」
などの症状の改善を感じていただけるでしょう。

※アトピー性皮膚炎の症状が直ぐに改善することはありません、皮膚の改善反応がみられるのは個人差がありますが、1~3カ月はかかります。
※「総合整体」では毎回検査を行い症状の状態確認を行います。
※施術効果には個人差があります。


セルフケアの指導

アトピー性皮膚炎の改善には毎日のセルフケアが必須となります、免疫を調整するツボを中心に刺激を入れていただくことで、早期な改善反応が期待できます。
セルフケアの方法は院内施術メニューの「総合整体」にてお伝えしております。